まつげクリニック

チェックがついたら、あなたのまつ毛の悩みは「まつ毛貧毛症(睫毛(しょくもう)貧毛症)=まつ毛が不足していたり、不十分な状態」かもしれません。

日本の厚生労働省から承認された医療用の治療薬によって、まつ毛が不足していたり、不十分な状態の「まつ毛貧毛症(睫毛(しょくもう)貧毛症)」に対して治療ができるようになりました。
当院にご相談ください。

グラッシュビスタ

  費用はこちら

グラッシュビスタ®(GLASH-VISTA)

グラッシュビスタ®とは

グラッシュビスタ®とは、上まつ毛の長さ、豊かさ(太さ)、濃さを改善する外用薬です。ただし、発毛可能な毛包(もうほう)が存在しない場合には本来の効果が得られないことがあります。グラッシュビスタ®は、睫毛貧毛症(しょうもうひんもうしょう)の患者に処方されます。睫毛貧毛症とは、まつ毛が不十分であったり、もの足りなかったりすることです。

販売名 グラッシュビスタ®外用液剤 0.03%5mL
含有量 1mL中:0.3mg 5.0mL
有効成分 ビマトプロスト
添加物 ベンザルコニウム塩化物、塩化ナトリウム、リン酸一水素ナトリウム・七水和物、 クエン酸水和物、塩酸、水酸化ナトリウム

グラッシュビスタ®の特徴

グラッシュビスタ®の効果は?

日本人での臨床試験において、特発性睫毛貧毛症及びがん化学療法による睫毛貧毛症の成人患者にこの薬を4ヵ月間使用した結果、それぞれの患者において、評価スケール(GEA-J)*で1段階以上の改善が77.3%(68/88例)、及び88.9%(16/18例)の割合で認められました。(表1)
*日本人用画像数値化ガイド付き総合的まつ毛評価スケール:標準写真を参考に、医師が患者の上まつ毛の全般的な印象を4段階(1「低い」、2「普通」、 3「高い」、4「著しく高い」)で評価する基準

効果が認められた代表例

使用前 使用後

表1 4ヵ月目における評価スケール(GEA‐J)スコアのベースラインから1段階以上の改善が認められた患者の割合(%)

特発性睫毛貧毛症
グラッシュビスタ®群N=88%(N) プラセボ群N=85%(N)
77.3%(68) 17.6%(15)
がん化学療法による睫毛貧毛症
グラッシュビスタ®群N=88%(N) プラセボ群N=85%(N)
88.9%(16) 27.8%(5)
*:有効性主要評価は4ヵ月目に実施

この薬は、使用を中止すると、この薬の使用前の状態に戻ります。

グラッシュビスタ®の使用法

Step.1 ご使用前に

グラッシュビスタ®は、夜、メイク落としと洗顔を済ませて清潔な状態にしてから使用します。コンタクトレンズは外してください。再装着は、本剤塗布15分以上経過後に行ってください。下まぶたに塗布したり、直接眼に点眼しないでください。

Step.2 ブラシの準備

ブラシを容器から取り出します。ブラシの毛先には触らないようにしてください(必ず専用のブラシをお使いください)。ブラシを水平に持ち、ブラシの毛先部分にグラッシュビスタ®を1滴落とし、染み込ませます。

Step.3 まつ毛の生え際へブラシで塗る

滴下後直ぐに、ブラシを使って、上まつ毛の生え際の部分を、目頭から目尻の方向へ丁寧に塗ります。下まつ毛には塗らないでください。塗る時には、液が目の中に入らないように、下まぶたにつかないように気をつけてください。塗布回数を増やしてもまつ毛の成長は促進されないので、1日1回を超えて塗布しないでください。

Step.4 生え際以外についた液をふき取る

液が上まつ毛の生え際以外についた場合は、コットンやティッシュなどですぐに薬液をふき取るか、洗い流してください。

Step.5 ブラシを捨てる

片方のまつ毛を塗り終えたら、その都度使用したブラシは捨てて、再使用しないでください。 片方を塗り終えたら、新しいブラシを容器から取り出し、もう片方の上まつ毛にも、先ほどと同じようにグラッシュビスタ®を塗ります。

出典:グラッシュビスタ®患者様向け適正使用ガイド

グラッシュビスタ®のご利用の注意

出典:グラッシュビスタ®患者様向け適正使用ガイド

グラッシュビスタ®の価格

内容量 費用(税抜)
1箱/70日分 キャンペーン価格18,000円!!